人気ブログランキング |

2005/03/31 THU(No.712)

陶芸展


 成田まで陶芸展を見に行った。犬マンガのお魔女の個展である。案内状も届いてないのに押しかけるのもどうかと思わないでもなかったが、鬼嫁が「行きたいーーーっっっ!」とごねるし、ボクは明日から京都なので、行くとしたら今日しかない。
 高速は混んでいそうだったので、松戸、柏、印西、栄を経由して、ちんたらちんたら地道を走っていった。2時間あまりのドライブだ。お天気が良くて暖かくて、なかなか上等のドライブだった。印旛沼周辺の田んぼでは、もう田起こしがほとんど終わっていて、水を引くばかりの態勢だ。畦にはたんぽぽやら菜の花が咲き乱れている。春うららに誘われて、つい居眠り運転になってしまうところだった。
 このところ、お魔女はどういうわけか(←この個展のための作品作りだったとは知らんかった)めっちゃ忙しかったみたいで、毎日ろくに寝ていなかったらしい。過労の挙句、顔つきまで「変顔」に変形してしまった・・・なんてメールが届いていた。そりゃ大変だ!めったに見られないお魔女の変顔、見逃す手はないではないか・・・というような本心はひたすら隠しつつ、神妙な顔をして陶芸展を見てきた。なかなか力作ぞろいで見応え十分だ。変顔のほうはちょっとは良くなったらしく、肝を潰すほどではなかったのがちょっと残念。
 この陶芸展、4/3(日)まで成田山新勝寺門前のなごみの米屋(よねや)総本店内「ギャラリーなごみ」で開催中。作品は即売中、高いものでも1、2万円、1000円前後ぐらいのものが山ほどあります。入場無料、お魔女の変顔鑑賞券つきです。是非ともお運びくださいませ。新勝寺もすっかり春の気配、「房総のむら」も近く、みどころたくさんです。
 ところで、明日から関西支部撮影会に参加するため3日間留守にします。その間のメルマガ配信はありません。


【使えるワザ】
 レンズの焦点距離が短くなるほど被写界深度が深くなるというのはレンズ使いの基本中の基本である。しかも、被写界深度はピント位置より手前は浅く、奥は深い。したがって、広角で撮影するときはカメラから2、3メートルぐらいのところにピントを合わせておけば、さほど絞り込まなくても画面全体にピントが合う。こういう状態をパンフォーカスという。
 このカメディアはWZ(ワイドズーム)と謳っているだけあって、広角端が28mmである。一般に、コンデジの広角端は35mm前後だから、それが28mmまであるというのは大きい。パンフォーカスが容易に得られる(標準以上の焦点距離だと絞り込まなくてはならなくなるから、手持ちでは難しい)し、広角独特の、手前にあるものを大きく、遠近感を強調して作図するというワザが使える。
 変顔を見せたくないお魔女はそっぽを向いているが、こちらを向いていれば変顔がばっちり拝めるところだ。ピント位置は手前から3個目のコップのあたり。絞りは開放。それでもお魔女のところまでピントが合う。


撮影データ
カメラ

OLYMPUS
Camedia C8080 WZ
撮影日 05/03/31 15:48
ISO感度 50
絞り F2.4
シャッター 1/40
露出補正値 -2/3
WB オート
露光方式 絞り優先AE
測光方式 分割測光
合焦方式 スポットAF
焦点距離 7.1mm
(35mm換算)(28mm)
その他 手持ち撮影
レタッチソフト チビすな

by osampodigicame001 | 2005-03-31 23:24
<< 2005/04/01 FRI(... 2005/03/30 WED(... >>