2005/04/09 SAT(No.721)

爛漫



 お散歩ネット関東支部の設立総会が行われた。午後5時から新宿の東京ビジネスホテル。集まったのは総勢22人で、バイキング形式のパーティーの後、会長にJIROさん、幹事長にのりおくん、財務長官ミズくんを選出した。
 それに先立って各自ばらばらのミニ撮影会。ボクは午後から世田谷の馬事公苑に行った。他に7人のメンバーが集まった。他の人たちは浅草だの千駄木だの神楽坂だの、それぞれ小グループで好きなところに行ったようだ。
 馬事公苑の桜はまさに今しかないというぐらいの満開。ここは、染井だけでなく、江戸彼岸系のピンクの桜が多いので見応えがある。広い敷地内にはいくつもの馬場が散在し、お花畑も池もある。さすがにものすごい人出ではあったけれど、いい写真がたくさん撮れた。シャツ1枚でも汗ばむほどの陽気で喉が渇いたが、夕方からのビールを楽しみにじっと我慢。こらえた甲斐があって、ビールが最高に美味しかった。料理も1人3500円では赤字だろうってぐらい豪華だったし、レストラン借り切りなので時間を気にすることもなく、ゆっくりとパーティーができた。
 2次会にしょんべん横丁に寄って、零時前に帰宅。酔って帰ったのに珍しく鬼嫁のイヤミもなく、とてもいい一日だった。怒っているのは鬼の編集者だけであろう。


【使えるワザ】
 桜は枝で見せるというのがもっとも簡単な撮り方である。老木になると幹が黒くなる木なので、その黒さをアクセントにするというわけ。花自体はどちらかというと白っぽいだけで、見た目は豪勢だけど写真になるとイマイチのことが多い。枝の黒い曲線を上手に画面上に配して、意識的には花は脇役ぐらいの感じで撮るといい。
 この写真では枝ではなく幹を主役扱いしている。もちろん、本当の主役は花なのだが、幹の存在感との対比で花を引き立たせようという発想なのだ。桜だけではなく、紅葉を撮るときにも使える構図方である。


撮影データ
カメラ

OLYMPUS
Camedia C8080 WZ
撮影日 05/04/09 14:24
ISO感度 50
絞り F5.6
シャッター 1/125
露出補正値 -2/3
WB 晴天
露光方式 絞り優先AE
測光方式 分割測光
合焦方式 スポットAF
焦点距離 22.7mm
(35mm換算)(90mm)
その他 手持ち撮影
レタッチソフト チビすな

[PR]
by osampodigicame001 | 2005-04-10 10:56
<< 2005/04/10 SUN(... 2005/04/08 FRI(... >>