人気ブログランキング |

2005/05/16 MON(No.758)

銀の波



 痛風の発作がちょうど1週間にしてほぼ完治した。不用意にけつまづいたり、小石を踏んづけたりしない限りは痛くはないし、少なくとも、他人の眼があるところでは普通に歩こうと思えば歩けるようになった。患部も(湿布かぶれによる)軽い疼痛感が残るだけで、あれほど腫れていたのに今は正常だ。昨日の鎌倉撮影会で多少無理をしてでも歩いたのが患部をほぐすことになったのかも知れないし、1週間の断酒という、かつてない荒治療(!)が効を奏したとも考えられる。いずれにしろ、明日からの九州取材に差し障りはなさそうだ。やれやれ。
 で、その九州取材だが、明日から23日・月曜日までちょうど1週間の取材になる。佐賀と長崎の県境に位置する肥前町にずっと滞在し、主として佐賀県内の棚田を20箇所ばかり回る予定だ。滞在する民宿「大浦」は21-22日に行われる撮影会のときの宿泊場所にもなるので、宿を移動して回らなければならないという煩わしさはないし、何より、この民宿は「大浦棚田」という、県内でも有数の絶景地に隣接しているので、夜景から未明の景色まで手軽に撮影できるという至便さがありがたい。
 現地での最終判断になるが、できれば一日、壱岐にも行ってみたいと思っている。対馬まで足を伸ばすと1日ではとても無理なので、そっちのほうは別の機会に譲るとしても、壱岐にある棚田がとってもいいらしいのだ。呼子からフェリーで70分なので、他の棚田の様子やお天気を見て、行けるようなら行くつもりだ。ほんとならSattyanの地元である島原半島にも足を伸ばしたいところだけど、日程的に今回は無理みたい。島原半島にはいい棚田がたくさんあるので、こちらもいずれ機会を見つけて行きたいと思っている。
 ああ、そうだ、というわけなので、明日から1週間、メルマガ配信はお休みになります。戻ってきたら例の大量一括配信の荒波にもまれることになるので、せいぜい鋭気を養っていてください。


【使えるワザ】
 郵便局まで出かけたついでに、5分ほど車を走らせて田んぼを見てきた。越谷は、今でこそけっこうな都会になっちゃったけれども、それでも東武線の線路から3キロも離れると田園地帯が広がっている。かつて、ボクら一家がここに居を構えた頃は、住んでいるマンションの周囲も田んぼばっかりで、それはそれは暮らしやすいところだった。その30年前の景色が、車で10分走るとまだ残っているというわけだ。都会化を発展と呼ぶとすれば、こういう一帯は発展が30年ばかり遅れているということになる。でも、もちろん、歩いている下校中の女子高生たちはもんぺをはいているわけもなく、ミニでばっちり決めておられる。農道にはコンビニもあるし、農家の庭先には外車が止めてあったりするのだ。
 ところで、最近気づいたことなんだけど、かつて田んぼの中にかなり点在していた休耕田が最近少なくなったようだ。農業政策が変わったのかどうなのか、詳しくは知らないけれど、草ぼうぼうの空き地が減ったお陰で田んぼの景色がずいぶん綺麗になったような気がする。ボクの気のせいだろうか?
 その数少ない休耕田でチガヤが銀色の穂を風になびかせていた。日本全国、どこに行っても見られる雑草だけど、定期的に草刈りされる空き地に群生するという性質を持つ草なので、こういう景色が見られる5月はつい足を止めて撮影してみたくなる。10月ごろ、草紅葉になる頃も捨てがたい。
 まだ花穂が出てくる前の、包葉に包まれているときの花をツバナと言い、噛むとほんのりと甘みがあって子どもの頃はいいおやつだった。地下茎は漢方薬になるらしい。


撮影データ
カメラ

撮影日 05/05/16 15:51
ISO感度 50
絞り F8
シャッター 1/200
露出補正値 -2/3
WB オート
露光方式 絞り優先AE
測光方式 分割測光
合焦方式 スポットAF
焦点距離 35.6mm
(35mm換算)(140mm)
その他 手持ち撮影
レタッチソフト チビすな

by osampodigicame001 | 2005-05-17 00:09
<< 2005/05/17 TUE(... 2005/05/15 SUN(... >>