2005/07/21 THU(No.824)

散水



 マンション連合会の資料作りをせっせとやっていた。例によって1時間もすると眠くなるので、タバコを吸いにベランダに出たり、このクソ暑いのに熱いコーヒーを飲んだりして、なんとかお眼目ぱっちり状態を維持しようとしていた。そのときであった。
 なんと、書斎の天井から蛍光灯が突然落下してきたのだ。電球3個のでっかいやつが、根っこから外れてしまったのである。原因は不明。最近触った記憶もないし、もちろん、地震があったというようなことでもない。なーんもせんのにガチャンである。あと10cm位置がずれていたら、ボクの頭を直撃するところだった。
 と、そのとき、なんとも間のいいことに、マンションに昔から出入りしているリフォームおじさんがピンポン。時候のご挨拶にお見えになったのである。飛んで火にいる夏の虫おじさんに、早速原因追求してもらったら、天井に止めてあるネジが2本とも腐食していたそうだ。このマンションが建ったときからだからかれこれ30年、ネジじゃなくても寿命だわ。おじさんに頼んで新しい蛍光灯を買ってきてもらい、ついでに取り付けと、そのまたついでに、鬼嫁が以前からこぼしていた洗面所の不具合を修理してもらった。手間賃3,000円で2時間、なんだかとてもお気の毒なことであった。


【使えるワザ】
 大宮でちょっとした仕事をやった帰りに、市民球場で高校野球を見てきた。早くもベスト16まで絞られてきているので、こないだ越谷球場で見た試合とはずいぶんレベルが違う。ほとんどがシード校だ。あまり時間がなかったので1試合と半分ぐらいしか見られなかったが、今日はさほど暑くはなかったのでけっこう楽しめた。
 6回の攻防に入る前にグランド整備がある。ベンチに入っている選手たちがいっせいにトンボを持って駆け出してきて内野の土の部分を均すのだが、その動きがきびきびしていて、見ていてとても気持ちがいい。土均しが終わると、球場の職員が散水機を持ち出し、水を撒く。スイッチを入れると放水しながら自動的に360度回転する仕組みだ。ちょうど方向がこちらを向いたところでシャッターを切った。
 真っ白に近い画像だと勘違いしてプラス補正などしようものなら白飛びだらけの絵になってしまう。デジカメはもともと明るめに描写するように作ってあるから、たいがいの場合プラス補正というのはしなくてもいい。それに、画像をよく見ていただくと分かるが、実際には真っ白ではなく、グレーなのである。見た目に惑わされてはいかんという例だ。


撮影データ
カメラ

PANASONIC Lumix FZ10
撮影日 05/07/21 14:33
ISO感度 100
絞り F5.6
シャッター 1/800
露出補正値 -1.0
WB 日光
露光方式 絞り優先AE
測光方式 評価測光
合焦方式 スポットAF
焦点距離 72.0mm
(35mm換算 432mm)
その他 手持ち撮影
レタッチソフト ちびスナ

[PR]
by osampodigicame001 | 2005-07-21 22:25
<< 2005/07/22 FRI(... 2005/07/20 WED(... >>